2016
06/27

COMMENTS:
No Comments »

他では学べないことがあります

バイトといえば、単純作業、過酷な肉体作業、接客など様々ありますが、研修会社のバイトは一味変わった経験を得ることが出来るようです。
作業内容は会場の設営から始まり、講師のレジメコピー、テキストの印刷から冊子づくり、そうして当日は参加者の受付と席への案内・会場全体の案内などがあります。これらの作業を気を付けて見たり聞いたりしていると、なるほどと思わされることがあります。それは、講師が壇上で講義や講演を行っていますが、この講師の目線ですべてが仕組まれているのです。机の配置や通路幅、窓の位置や照明の位置に合わせて、机の並べ方を変えるなど計算されて設置されているのです。テキストも最初から机の上に置く人と、講義に合わせて都度指示があってから一人ひとりに配布する人もいます。どちらも、自分の講義内容をどうすれば理解してもらえるかを考えたものです。
また営業活動からバイトに参加すると、会社の実態にも触れることが出来ます。研修会社は企業教育に大きくかかわるので、企業への営業は大いに勉強になることでしょう。営業といっても、教育内容の売り込みになるので、企業の教育や人事担当者に直接電話をしたり面談することになります。一般的に、この部署の人たちとの接触は就職活動で面接でもなければ会うことはないでしょう。研修の内容を売り込むためには勉強しなければなりませんし、その内容を企業につなぐための営業活動は他では経験出来るものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です